フレイルサポーター

フレイルサポーターになって

楽しく社会参加をしてみませんか?

フレイルサポーターは、一定の研修を受けて、地域の健康づくりの担い手として活躍しています。フレイルチェックは、フレイルサポーターが中心となって実施されており、フレイル予防活動を通して社会参加をすることで、自らの健康寿命を延ばすことにもつなげています。

フレイルサポーターの役割

  1. 市民のフレイルの状態をチェックするために、東京大学が開発した「フレイルチェック」を運営します。

  2. フレイル予防の重要性を市民に広めます。

フレイルサポーターになるには?

 

当会が定期的に開催している「フレイルサポーター養成講座」を受講することで、金沢市フレイルサポーターとして登録し、活躍できます。

フレイルサポーター養成講座

  • 半日2日間の研修

  • 金沢市フレイルトレーナー(リハビリテーション専門職)より、フレイルサポーターに必要な知識を学びます。

受講後、金沢市フレイルサポーターとして登録

  • フレイルチェック練習会などに参加します。

  • 実際にフレイルチェックなどで、地域の健康づくりの担い手として活躍します。

フレイルサポーター

金沢市フレイルサポーター養成数

1期生16名(平成30年10月23日(火)、24日(水)養成)
2期生18名(平成31年3月13日(水)、14日(木)養成)
3期生19名(令和元年10月8日(火)、9日(水)養成)

4期生11名(令和4年3月1日(火)、2日(水)養成)

5期生20名(令和4年9月7日(水)、8日(木)養成)

フレイルサポーターの活動の様子

金沢市だけでなく、全国にも仲間(フレイルサポーター)がたくさんいます!