フレイル予防のポイント[運動]

今より10分多く、からだを動かしましょう

今より10分多く歩いたり運動したりすることで、健康にとてもよい効果が期待できます。日頃から元気にからだを動かし、生活習慣病や認知症などのリスクを下げましょう。運動だけでなく、日常の生活活動(買い物、犬の散歩、床掃除など)を含む身体活動をこまめに行うことも重要です。誤った方法でからだを動かすと、思わぬ事故やけがにつながるので注意が必要です。

プラス・テンで目指そう!
身体活動

メタ解析の結果、+10によって「死亡のリスクを2.8%」「生活週間病発症を3.6%」「ガン発症を3.2%」「ロコモ・認知症の発症8.8%」低下させることが可能であることが示唆されています。